アボカドが早く熟れる!じゃがいもが長持ちする!ポイントはエチレンガス!

ご注意

この記事は2013年4月22日に書いたものです。 情報が古くなっている可能性があるのでご注意ください。

poteto_130422
じゃがいもを大量に買ったら食べきる前に芽が出てきて困ったことがありました。@kotala_bです。
じゃがいもの保存方法を調べていたら長持ちさせる方法がわかりました!
長持ちさせるポイントはエチレンガスです!

スポンサードリンク

エチレンガスがじゃがいもを長持ちさせる!

エチレンガスにはじゃがいもの発芽を抑制する効果があります。
エチレンガスを多く発生させるのはりんごやメロン、バナナなど。
これらの果物とじゃがいもを同じ袋に入れておくとジャガイモの発芽が抑制されて長持ちするのです!

エチレンが萌芽抑制効果をもつことを発見したのは、米国のElmer(エルマー)で、ジャガイモ塊茎を成熟したりんごやももの果実といっしょに貯蔵しておいてわかった。
参考:ジャガイモ博物館:エチレン,りんご,萌芽抑制、CA貯蔵

エチレンガスは熟成させる効果もある

エチレンガスには果物を熟成させる効果もあります。
緑色のバナナやまだ硬いアボカドなど、熟したおいしいモノを早く食べたい時にはリンゴなどを一緒の袋に入れて保存すると熟成が早くなります!

リンゴはエチレンガスを発生させるので、バナナの傍で保管すると、バナナの成熟が早く進む。
参考:エチレン – Wikipedia

最後に

バナナは1本1本でエチレンガスを出すので、房の状態で置いておくと早く熟れてしまいます。
バナナを長持ちさせたい時は1本ずつバラバラにして置いておきましょう!

関連記事

ラックスやダヴが安い!Amazonの定期おトク便を使うと初回30%オフキャンペーン実施中! | kotala's noteラックスやダヴが安い!Amazonの定期おトク便を使うと初回30%オフキャンペーン実施中! | kotala’s note

あなたの鍵は大丈夫ですか?正しい合鍵の使い方! | kotala's noteあなたの鍵は大丈夫ですか?正しい合鍵の使い方! | kotala’s note

スポンサードリンク

  • ゆとりをもった自由な暮らし、ストレスフリーな生活を送る
    1984年生まれ
    生まれも育ちも神奈川県川崎市

    詳しいプロフィールはこちら

    • follow us in feedly
    • Google+
    • フィード
    • お問い合わせ