, - 2014/3/24 05:50

ブログのカスタマイズもXcodeを使うとスゴく捗る!

ご注意

この記事は2014年3月24日に書いたものです。 情報が古くなっている可能性があるのでご注意ください。

blog-custom-xcode_140323_01
先日参加したブロガー向けアクセス解析セミナーで、「ブログにアクセスしてきた端末がどんなモノなのかを知る」という機会がありました。
このブログのアクセスを見てみると、iPhoneやAndroidのようなモバイルからのアクセスが全体の半分以上でした。

そこでモバイルから見たときのデザインを変更することを重点的にしていくことにしました。
この時、変えた内容を確認しながらの作業になります。
手元にあるiPhone 5Sで確認しながらの作業もいいんですが、もうちょっとやりやすいやり方を拡張現実ライフのアキオさん(@akio0911)から教わりやってみました。

やってみたらそれがすごくよかったのでご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

Xcodeを使ってブログのデザインを確認する

XcodeというiPhoneアプリ開発のためのアプリがあります。
このアプリの中にiOSシミュレータという、Mac上でiOSデバイスを使ってシミュレートする機能がついています。

iOSシミュレータを使って作業するようにしたら、ブログのカスタマイズがスゴく捗るようになりました!

XcodeでiOSシミュレータを起動するまでの流れ

Xcodeを起動させてからiOSシミュレータを動かすまでの流れを紹介していきます。
Xcodeを起動するとこんな画面が出てくるので「Create a new Xcode project」を選びます。
blog-custom-xcode_140323_02
「iOS Application」の中にある「Single View Apprication」を選んで「Next」を押します。
blog-custom-xcode_140323_03
「Choose options for your new project」という画面で必要項目を入力します。
blog-custom-xcode_140323_04
今回はiOSシミュレータを起動させることが目的なので、「Devices」がiPhoneになってれば他の入力内容は適当で構いません。

「NEXT」を押すと保存先を聞かれるので、保存先を指定します。

保存先を指定するとXcodeの画面が開きます。
ここでは左上にある再生ボタンを押します。
blog-custom-xcode_140323_05
最初は時間がかかるかも知れませんが、少しするとiOSシミュレータが起動して真っ白の画面が表示されるはずです。
blog-custom-xcode_140323_06
真っ白の画面が出てきても焦らないで大丈夫!落ち着いて、画面上のメニューバの「ハードウェア」にある「ホーム」を押します。
blog-custom-xcode_140323_07
するとiPhoneぽい画面が表示されDockの位置にはSafariがあるはずです。
blog-custom-xcode_140323_08
あとはSafariを起動して普段iPhoneでやるようにブログを表示させてあげれば完了になります!

ブログカスタマイズがスゴく捗る!

blog-custom-xcode_140323_09
僕はこれまでずっとMacBook AirのSafariでユーザーエージェントを変更したり、手元のiPhoneから自分のブログがどう見えているか確認してました。
MacBook Airからだと実際の見え方とは若干違うし、iPhoneからだといちいちロック解除してSafariを開かなきゃいけませんでした。

iOSシミュレータを使えば、そんなわずらわしさも解消!
しかもエディタと並べて置いておけてスゴく捗るようになりました!

教えてくれたアキオさん、ありがとうございました!

関連記事

画面が真っ白とこれでおさらば!WordPressをいじり倒したい人のためのローカル環境構築

スポンサードリンク

  • ゆとりをもった自由な暮らし、ストレスフリーな生活を送る
    1984年生まれ
    生まれも育ちも神奈川県川崎市

    詳しいプロフィールはこちら

    • follow us in feedly
    • Google+
    • フィード
    • お問い合わせ