, , , - 2012/7/22 11:28

バーコードから本の情報を素早く読みとれるアプリ「BookEver」これを入れたら本の管理が簡単になった!

ご注意

この記事は2012年7月22日に書いたものです。 情報が古くなっている可能性があるのでご注意ください。


読書する女性 / 足成
読書記録はEvernoteにつけています。@kotala_bです。
読書記録をつけるのに便利なアプリがiPhoneにはありました。
起動からワンタップで本のバーコードを読み取り、本の情報を表示してくれるとっても便利なアプリ「BookEver」です。

スポンサードリンク

設定

まずは設定から。

アカウント情報を入力し、送信先のノートブックを指定します。
その他の設定では図書館と自動送信の設定が出来ます。
ここで図書館の場所を入力すると、バーコードで読みとった本の図書館情報のリンクが表示されます。

使い方

使い方はとっても簡単です。
起動するとこのような画面になるので、バーコードをタップします。

そうするとカメラが起動し、バーコードを近づけると自動で読みとってくれます。

読み取りが完了すると、未送信としてバーコードを読みとった本の情報が表示されます。
履歴を押すと今までに読みとった本の情報も表示することが出来ます。

右上の送信ボタンを押すとEvernoteへ本の情報が送信されます。

予約といボタンを押すと図書館の情報が表示され、現在の蔵書の数や現在の予約数がわかります。

まとめ

読んだ本やこれから読みたい本、友人に勧められて気になってる本などバーコードを読みとるだけで簡単に情報が表示でき、図書館での予約数まで把握できるとても便利なアプリです。
本の管理に「BookEver」はいかがでしょう?

スポンサードリンク

  • ゆとりをもった自由な暮らし、ストレスフリーな生活を送る
    1984年生まれ
    生まれも育ちも神奈川県川崎市

    詳しいプロフィールはこちら

    • follow us in feedly
    • Google+
    • フィード
    • お問い合わせ