プライベートを充実させる! – あなたの仕事に革命を起こす「しないことリスト」 中村孝志著

ご注意

この記事は2014年1月17日に書いたものです。 情報が古くなっている可能性があるのでご注意ください。

books-to-do-not-list_140117
僕らは多くの「やりたいこと」「やらなければならないこと」に囲まれながら日々を過ごしている。
多すぎる「やりたいこと」「やらなければならないこと」はやがて僕らを縛りつけ、身動きが取りにくい状況へとおいやってしまう。
「あれもこれもやりたいのに時間がない」「あれもこれもと手を伸ばし、結局全部が中途半端」そんな経験はないだろうか?
僕らには1日24時間という時間が平等に与えられている。この24時間をどうするかは自分次第。
仕事を忙しくさせるもプライベートを充実させるのもあなた次第なのだ。

スポンサードリンク

完璧主義にならない

上司に資料作成を頼まれたとしよう。
あなたはもちろん完成させてから提出しようとする。
これがダメなのだ。
本当はその資料はもう必要なくなっていたとか、上司が求めている資料とは若干ズレていた場合、作った資料は無駄になってしまう。
そして「折角ここまで作ったのに、なんなんだ!」ということになる。
そうならないようにするポイントは7割である。
完成前の7割くらいできた段階で、一度上司とコミュニケーションをとりアドバイスを貰う。
そのアドバイスをもとに微調整をすればいいのだ。
完成後の手直しよりも作成途中の方が圧倒的に楽だし、終わったと思った物をまたやり直すのは滅入る作業である。
だったら最初から完璧主義はやめて、途中でもいいからアドバイスを貰うという気持ちで見せてしまえばいいのだ。

仕事は家に持ち帰らない

いつも遅くまで会社に残っていると仕事ができないと思われる。
だから家に持ち帰って仕事をする。サービス残業と同じだ。
それではいつまでたっても会社で仕事を終わらせることはできない。

サービス残業をするようではプロフェッショナルではなくアマチュアの仕事しかできていない証拠。プロならば堂々と残業代を請求しますし、そもそも残業などしないと思います。
あなたの仕事に革命を起こす!「しないことリスト」[Kindle版]

最後に

今以上にプライベートを充実させたいと思うなら「しないことリスト」を作ってみてはどうだろう。
今回紹介した「あなたの仕事に革命を起こす!「しないことリスト」」には「しないことリスト」を作るためのヒントがいくつも載っている。

ゴールや目標だけを掲げるのではなく、ついついやってしまうようなことを書き出して意識することが「しないことリスト」の大切なポイントです。
あなたの仕事に革命を起こす!「しないことリスト」[Kindle版]

気軽に読める量。
そして何よりも気軽に買える100円以下の電子書籍!
オススメです!

Amazonのオススメ!

スポンサードリンク

  • ゆとりをもった自由な暮らし、ストレスフリーな生活を送る
    1984年生まれ
    生まれも育ちも神奈川県川崎市

    詳しいプロフィールはこちら

    • follow us in feedly
    • Google+
    • フィード
    • お問い合わせ