TaskchuteからToodledoへ 「Toodledo「超」タスク管理術」がスゴく参考になった!

ご注意

この記事は2012年10月4日に書いたものです。 情報が古くなっている可能性があるのでご注意ください。


Taskchuteを使わなくなりました。@kotala_bです。
2週間程前にMacBook Airを購入し、windowsをほぼ使わなくなりました。
今まで使っていたTaskchuteを使う為だけにwindowsを起動させるのも面倒なので、これを機にタスク管理をTaskchuteからToodledoへ、プロジェクト管理をToodledoからOmniForcusへ移行することにしました。

スポンサードリンク

Taskchuteとの別れ

約半年間使ってきたTaskchuteに別れを告げ、手元にあるクラウド時代のタスク管理の技術Toodledo「超」タスク管理術を参考にしながら移行させました。

これまでとの違い

今までは外出中にTaskchuteをすぐに見ることは出来ませんでしたが、iPhoneでも使えるようになっていつでもすぐに見れるというのが一番大きな違いです。
Taskchuteではタスクごとに時間の見積りが出来ることが他のタスク管理アプリとの大きな違いでした。
Toodledoにはない機能なので、時間を計る為にTogglというアプリも使うようになりました。
Togglは時間を計るのに特化しているので、Taskchuteでは出来なかった秒単位での計測も可能になります。

まとめ

タスクとプロジェクトの移行も済み完全にTaskchuteを使わなくなりました。
Taskchuteに大きく頼っていた部分があったので、はじめのうちはTaskchuteがなくて大丈夫かなと不安もありました。
ところが慣れてみれば何も問題ありませんでした。
Toodledoのリピート機能やサーチ機能を使うことで、今までよりも圧倒的に簡単に1週間後のことまで把握出来るようになりました。
ちょうどToodledo「超」タスク管理術が出た後ということで、すごく参考になりました!
この本がなかったらここまでスムーズに移行出来なかったです。

スポンサードリンク

  • ゆとりをもった自由な暮らし、ストレスフリーな生活を送る
    1984年生まれ
    生まれも育ちも神奈川県川崎市

    詳しいプロフィールはこちら

    • follow us in feedly
    • Google+
    • フィード
    • お問い合わせ