, , , , - 2015/1/5 22:45

ブログを書いたりアプリ開発をしたりFPをやってる僕のEvernoteとDropboxの使い道

ご注意

この記事は2015年1月5日に書いたものです。 情報が古くなっている可能性があるのでご注意ください。

cloud-storage_20150106_01
Evernoteなどのクラウドストレージを普段どういう風に使っているのか、ブログを書いたりアプリ開発をしたりFP(ファイナンシャルプランナー)をしている僕なりの使い方をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

僕のEvernoteの使い道

1.自動ログ

TwitterやFacebookなどのSNS、MovesやSwarmなどの行動記録、GridDiaryの日記やGunosyなんかを日々ログとして保存しています。

これらほとんどのログは自動で保存するようにしていて、記録にできるだけ手間をかけないようにしています。

2.アイディア・ネタ帳

電車の中とかトイレの中とか、ふっとした瞬間に思いつくことがあるのでiPhoneからいつでもメモできるようにしています。

アプリ開発で参考になりそうなWebページも保存しています。
メモを取るときはCellMemo、WebページはWebNoteを使って保存しています。

Evernoteのいいところ

EvernoteとiPhoneの相性がよくて、メモを書いて送ることに関しては目の前にMacBook AirがあってもiPhoneを使うくらいです。

それと、検索機能が優れているので、とにかくEvernoteに入れておけば後で探すときに、ここにあるという安心感がすごくあります。

Evernoteの中には自分というフィルターがかかったものしか入っていないので、Google検索するよりも欲しい情報が手に入ることが多いです。

僕のDropboxの使い道

1.ファイル置き場

Dropboxは基本的にはファイル置き場として使っていて、メインで使っているMacBook Airで同期を取っています。

主にPDFやExcelファイル、あとはアプリ開発で使うプロジェクトファイルがたくさん入っています。

2.ファイルの受け渡し

Dropboxは共有機能が便利なので誰かにファイルを渡す時はDropbo経由で渡すようにしています。
Dropboxを使い始めてからはファイルをメールで添付するようなことはほとんどなくなりました。

貰ったPDFの資料もとりあえずDropboxに突っ込むようにしています。

Dropboxのいいところ

Dropboxには履歴機能があって、誤って消しちゃったファイルを履歴から元に戻せるところも、なんとなく安心感があって気に入っています。

どんなクラウドストレージサービスがいいか迷ったら

cloud-storage_20150106_02
僕が主に使っているのはEvernoteとDropboxですが、クラウドストレージサービスは他にも沢山あります。

どれを使ったらいいか分からない時は、とりあえず気になるものを使ってみて合わなければ他のを使ってみればいいんじゃないかと思います。

使い方は自由!

この記事を見てくださってるってことは、どんな使い道をしたらいいか少なからず迷っているのだと思います。
でもそんなに難しく考える必要はありません。
使っていくうちに自分に馴染んで、自分らしい使い方ができるようになるからです。

かくいう僕も最初は使っている人たちの使い方を真似をして使っていました。
そして使っていくうちに、いつの間にか自分に馴染む使い方になっていました。

使ってみないとわからないこともあるので、まずは使ってみることの方が大切です。

おすすめ記事

記事内で紹介したアプリ

スポンサードリンク

  • ゆとりをもった自由な暮らし、ストレスフリーな生活を送る
    1984年生まれ
    生まれも育ちも神奈川県川崎市

    詳しいプロフィールはこちら

    • follow us in feedly
    • Google+
    • フィード
    • お問い合わせ