SoftBankとドコモから新料金プランが発表!今までと比べるとどうなのか調べてみました!

ご注意

この記事は2014年4月11日に書いたものです。 情報が古くなっている可能性があるのでご注意ください。

compare-price-mobilephone_140411
スマホに変えてから料金が上がったなっていう人多いですよね。
スマホの利用料は平均で7000円近く払っているという調査結果があるそうです。

基本料金の他に通話料、パケット通信料、更に本体の分割代金までとなると、毎月1万円弱の引き落としになりますよね。

スマホの利用料が高止まりする中、SoftBankとドコモが新たな料金プランを発表しました!
「新料金プランは従来のプランと比べて得なの?」という疑問を解消すべく、調べてみました!

スポンサードリンク

料金を見ていく前に

僕はiPhoneを使っているのでiPhoneの料金を前提に話を進めていきます。
iPhoneとスマホでは若干料金の違いがあるので、スマホをご利用の方はその点をご注意ください!

SoftBankの新料金プラン「スマ放題」

SoftBankの新料金プラン「スマ放題」はパケット通信料のみならず、通話料も回数による固定料金になるプランです。
通話料定額とパケット定額がひとまとめになって、選べるの料金プランが3種類になりました。
スマ放題の概要を載せておきます。

Compare price mobilephone 140411 01
via:音声定額とパケット定額をパックにした新定額サービスの改定について | 企業・IR | ソフトバンク

「スマ放題」と従来の料金プランの違い

従来の料金プランではパケット定額は7GBまでの利用で5200円でした。

スマ放題に変えると10分以内の通話が1000回まで無料になります。
その代わりに5200円だったパケット利用料が最初の6ヶ月は5980円に、7ヶ月目以降は6980に値上がります。

注意点としては、従来は7GB以上使うと速度制限がかかっていたものが、自動で超過分として料金が発生するということでしょうか。
超過分を今までと同じように扱うには「月額あんしんオプション」に加入して追加料金300円が必要になります。

ドコモの新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」

ドコモは6月1日スタートの新料金プランとして「カケホーダイ&パケあえる」をスタートすることを発表しました。
公式発表された新料金プランの表を載せておきます。
Compare price mobilephone 140411 02
Compare price mobilephone 140411 03
Compare price mobilephone 140411 04
via:新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」 | 料金・割引 | NTTドコモ

「カケホーダイ&パケあえる」と従来の料金プランの違い

表だけをみると何やら複雑でわかりづらいですが、簡単に言ってしまうと、国内通話が回数制限なしに無料になるカケホーダイプラン、通信料を何人かで分け合えるシェアプランが追加されました。

ドコモの新料金プランがいい感じかもしれない

ドコモの新料金プランがいいというのはどんな場合かというといわゆる「営業マンタイプ」の人です。

あまりデータ通信はしないけど、電話はよくかけるという「営業マンタイプ」の人はガラケーなら6000円で通話がかけ放題になるわけです。
Compare price mobilephone 140411 06
via:「カケホーダイ&パケあえる」かんたんシミュレーション | NTTドコモ

僕の両親がまさにそれで、仕事で色んな相手にケータイからかけなきゃいけない人なので、今までの半額以下の利用料になる試算結果がでました。
しかもあと数ヶ月でグランプレミアステージに入る状況だったので、新料金プランの恩恵がかなり大きい!

スマホでもうちょっとデータ通信するなって人なら通話定額・5GBまでという条件なら月額8000円です。
Compare price mobilephone 140411 07
via:「カケホーダイ&パケあえる」かんたんシミュレーション | NTTドコモ

シェアグループの気になるところ

公式発表のところにこんなことが書いてありました。

シェアグループを構成する契約者全員のお申込意思を確認させていただきます。お申込みの回線の中に、異なる名字、異なる住所にお住まいの方が含まれる際は、その方に委任状または電話による意思確認をさせていただく場合があります。
via:新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」 | 料金・割引 | NTTドコモ

これって今までのファミリー割引とは違って、家族じゃなくてもお互いに認め合えばどんな人たちでもグループが組めるってことですよね。

自分たち夫婦に加えて奥さんの両親と旦那さんの両親と計6人でグループを組むなんてことができるんですよね。

もしくは「会社の営業マン同士で組む」みたいなこともできるのかなーと。
Compare price mobilephone 140411 05
via:「カケホーダイ&パケあえる」かんたんシミュレーション | NTTドコモ
僕みたいにそこそこデータ通信をする人と、メールとネットができればいいやっていう僕の両親みたいな人がデータ通信量のシェアができてお互いが安く済むならいいなーと思いました。


4月12日追記:
ドコモに問い合わせてみたところ、シェアグループを組めるのはファミリー割引グループ内だけということでした。
残念!


通話料定額プランが増えてきた

今回のSoftBankとドコモの発表をみると、通話料定額プランが増えてきたなーという印象です。

アプリを入れている人同士だけが無料という無料通話アプリはいくつもありますが、料金プランの中に通話料定額プランがあることで色々変わるんじゃないかなーなんて思ってます。

楽天でんわやLINE電話などの格安通話サービスも最近出てきましたけど、通話料が高くて困ってる人はそもそもの通話料が定額なら、いちいちアプリ入れたり手続きまでして使いたいと思いませんからね。

価格勝負になったら大手にはかなわない

格安通話サービスは大前提が「通話料が高いこと」なんだと思うんですよね。
じゃあそもそもの通話料が定額になったらどうなんだろうと考えると、格安通話サービスをいちいち登録してまで使いたいと思う人ってどれくらいいるんでしょう。

下手したら通話料自体が無料になることだってあり得るかもしれない。
楽天やLINEといえども、価格勝負に出たらSoftBankやドコモとは勝負すらできないんじゃないかな。

「このアプリを入れたら同じアプリ同士なら通話無料ですよ」とか「このアプリを入れたらこれだけ安く済みますよ」より「うちの回線使えば日本国内ならいくらかけても料金一緒だよ」のほうが圧倒的にシンプルなんですよね。

SoftBankとドコモが新料金プランを発表する中、auからはまだ新料金プランというような発表はありません。auの動向も気になるところです。

スポンサードリンク

  • ゆとりをもった自由な暮らし、ストレスフリーな生活を送る
    1984年生まれ
    生まれも育ちも神奈川県川崎市

    詳しいプロフィールはこちら

    • follow us in feedly
    • Google+
    • フィード
    • お問い合わせ