Safariを開いたまま!見ているページのコンテンツブロッカーをオフにする方法

ご注意

この記事は2015年9月27日に書いたものです。 情報が古くなっている可能性があるのでご注意ください。

Content blocker off 20150927 04

iOS9からiPhoneのSafariに追加されたコンテンツブロッカー。

コンテンツブロッカーのON/OFFの切り替えにはいちいちiPhoneの設定アプリを開いて設定変更をしなければなりません。

いちいち変えなきゃいけないのは面倒くさいと思っていたのですが、今見ているページのコンテンツブロッカーだけをサッとオフにする方法がありました!

スポンサードリンク

手軽にコンテンツブロッカーをオフにする方法

Content blocker off 20150927 01

コンテンツブロッカーがONになっている状態でSafariを開いていたとします。
WebNoteというアプリのコンテンツブロッカーを使っているこの状態では、画像が何も表示されていません。

Content blocker off 20150927 05

ここでコンテンツブロッカーをオフにしたい時は、アドレスバーの右端にある更新ボタンを長押しします。

Content blocker off 20150927 02

長押しすると下の方から「コンテンツブロッカーなしで再読み込み」というボタンが出てきます。

Content blocker off 20150927 03

ボタンを押すと今見ているページがコンテンツブロッカー無しの状態で再読み込みされました。

さいごに

この方法を使えば、コンテンツブロッカーのON/OFFをサッと切り替えられて便利です。

WebNoteのコンテンツブロッカーでは画像が読み込まれなくなるので、回線が遅かったり通信制限が気になる人におすすめです。

スポンサードリンク

  • ゆとりをもった自由な暮らし、ストレスフリーな生活を送る
    1984年生まれ
    生まれも育ちも神奈川県川崎市

    詳しいプロフィールはこちら

    • follow us in feedly
    • Google+
    • フィード
    • お問い合わせ

  • Sorry. No data so far.