, , - 2013/1/13 11:08

デジイチで撮った写真をその場で確認するのが便利になる2つのアイテム

ご注意

この記事は2013年1月13日に書いたものです。 情報が古くなっている可能性があるのでご注意ください。

eyefi130106_02
今年の抱負はデジイチに挑戦することです。@kotala_bです。
初めてデジイチで撮影をする為に深大寺へ初詣へ行きました。
深大寺へ初詣に行ってきた! | kotala's note深大寺へ初詣に行ってきた! | kotala’s note
深大寺へ行く前には家の中で試し撮りをしていました。
試し撮りをしていて感じたのが、撮った写真を確認するのにデジイチのディスプレイじゃ見づらいことでした。
D80についているディスプレイは2.5インチ。
これまで写真を撮っていたiPhone5は4インチのRetinaディスプレイ。
2.5インチと4インチの差は数字で見るよりも大きな差に感じました。

スポンサードリンク

画面を大きくする

当たり前のことですが、ディスプレイサイズを大きくすればその分見やすくなります。
デジイチについてるディスプレイ自体は大きくならないので、他の方法で大きく見えるようにします。
思いついたのはデジイチで撮った写真をその場でiPadminiに送り、iPadminiで写真を確認する方法です。
これをするのに用意したのはWifi機能搭載のEye-Fiというメモリーカードです。

Eye-Fiで撮った写真を送る

Eye-Fiはカメラで撮った写真をワイヤレスでパソコンに送れるというのが最大の特徴です。
写真の送信先にはパソコン以外にもスマホやPicasaの様なクラウドサービスも選べます。
写真の送信先選んだのはiPhone5でもMacBook AirでもなくiPadminiです。

iPadminiを選んだ理由

MacBook Airを持ち運ぶこと自体はいいんですが、写真を確認する為だけに持ち運ぶのは少し難があります。
iPhone5もいいんですが、iPadminiもiPhoneと同様に通勤で毎日持ち歩いているので、写真を確認するならディスプレイが大きい方がいいと思いiPadminiを送信先に選びました。
実際に深大寺に持って行ってみると、ちょっと休憩でベンチに座った時や帰りの電車内で撮った写真をじっくり見ることが出来ました。
今回は一人で行ったんですが、一緒に行く人にもその場で見せれるし結構良さそうです!

最後に

Eye-Fiを使うことでiPadminiの使い方がさらに広がりました!
Eye-Fiで写真を送るならiPadminiがオススメです!
▼Eye-Fiカードの設定はこれを参考にしました。

スポンサードリンク

  • ゆとりをもった自由な暮らし、ストレスフリーな生活を送る
    1984年生まれ
    生まれも育ちも神奈川県川崎市

    詳しいプロフィールはこちら

    • follow us in feedly
    • Google+
    • フィード
    • お問い合わせ