ファイナンシャルプランナーがオススメするiPhone6s/6sPlusをお得にMNPで手に入れる方法

ご注意

この記事は2015年10月1日に書いたものです。 情報が古くなっている可能性があるのでご注意ください。

Fp recommend mnp 20151001 04

おすすめなのは断然SIMフリーのiPhoneです。
なぜかというと、お金のめんでSIMフリーiPhoneの方がお得に売り買いができる可能性を秘めているからです。

iPhone6s/6sPlusが発売されて今日で7日。

発売からちょうど2年が経過したiPhone5sを持っている方は「そろそろ2年縛りもなくなるし新しいiPhoneを買おうかな」なんて考えていませんか?
そんな方にオススメのiPhone6s/6sPlusのお得な入手方法をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

MNPするのはいつがいいか?

ズバリ「2年縛りがとけて違約金のかからない月」です。

携帯の2年縛りは契約した月から1ヶ月単位でかぞえられています。
契約から2年後を契約満了月、契約満了月の翌月を契約更新月などと呼んでいます。

「2年縛りがとけて違約金のかからない月」というのは契約更新月のことをいいます。

契約の仕方や今後の制度によって変わる可能性があるので、契約している会社に直接問い合わせるのが確実です。
問い合わせ先にはいくつかあるのですが、契約している携帯から下記の番号にかけるのが一番手っ取り早いです。
ドコモなら「151」
SoftBankなら「157」
auなら「157」
週末などは混雑しているとかかりにくいことがあるので確認するなら平日にかけるのがオススメです。

どこにMNPすればいいか?

違約金がかからずにMNPできる月がわかったら次はMNP先を選びます。

格安SIMといわれているMVNOでもいいのですが、大手キャリアを使ったMNPでお得にiPhone6s/6sPlusを手にいれる方法もあります。

最新のiPhoneが欲しいのに何を言ってるんだと思うかもしれませんが、落ち着いて聞いてください。
実際にはAppleStoreで購入できるSIMフリーのiPhone6s/6sPlusを使うのですが、MNP契約で手に入れるのは一世代前のiPhone6です。

なぜ一世代前のiPhone6なのか?

なぜ一世代前のiPhoneかというと、一世代前のiPhoneなら「端末一括0円キャッシュバックつき」のような特典つきでMNPできる可能性があるからです。

ただしお店によって条件が全然違う上、オプションといって色々なサービスに加入し追加料金を払うことでキャッシュバックを上乗せする契約がよくあるので、特典や特典を受けるための条件をよく確認しなければいけません。

ちなみに探し方のひとつとして、Twitterで「iPhone MNP」などと検索すると特典つきのMNPをやっているお店が探せます。
Twitterではこんな風にツイートされています。

詳しい条件は不明ですが、iPhone6が一括0円でさらに2万円のキャッシュバックだそうです。

このようなお店を運良く探し当て、iPhone6を一括0円で手に入れられれば新品のiPhone6とキャッシュバックが手に入ります。

SIMフリーのiPhoneならばドコモ・SoftBank・au・MVNOとどこのSIMでも使えます。
SIMフリーiPhoneを買う前に、キャリアにMNPして特典を受けるというワンクッション置いてからSIMフリーiPhoneを買うという選択肢もあります。

大手キャリアにMNPしたときの毎月の維持費は?

大手キャリアで契約したときは大体7,000円くらいかかるそうです。
auではこのような料金となっていました

Fp recommend mnp 20151001 01

MNPを利用することでこの毎月の支払いを減らすことができます。

MNPをすると色々な割引やキャッシュバックを受けられるので、調べてみると自分がもらえるお得な特典がみつかるかもしれません。
ドコモへのお乗りかえをご検討中のお客様へ | NTTドコモ
のりかえ割 | キャンペーン・プレゼント一覧 | キャンペーン・プレゼント | モバイル | ソフトバンク
auにかえる割スーパー | キャンペーン | au

auを例に出すと、
MNPで受けられるのが毎月約1,000円の基本料金無料が1年間、
iPhone5sの下取りが約20,000円、
毎月割という機種代金の割引が2年間で約37,000円。

これらを合わせて2年間で69,000円の割引があるので、1ヶ月あたりの支払いに換算すると約4,000円で収まるようになります。

MVNOじゃなくても意外と安くできるかも?

Fp recommend mnp 20151001 02

毎月約7,000円の維持費が必要なところでしたが、

・MNPでキャリアの割引をうける
・MNPするときにお店からキャッシュバックをもらう
・一括0円で手に入れたiPhone6を中古ショップで買い取ってもらう
ということを全部ひっくるめて考えると、2年間トータルの費用としては意外と安く抑えることができそうです。

さいごに

この方法のメリットは、携帯キャリアの質のいい回線をMVNO並みの料金で利用できることです。

ただしこの方法はすごくめんどくさいです。

今回例としてあげたのはひとつの例にすぎません。

なので、お得な特典を受けられるお店を探さなければいけませんし、お店を見つけても自分で足を運んでみたらもう特典が終わってる可能性だってあります。
さらに自分が受けられるキャンペーンがどれに当てはまるのか、自分で確認しなければいけません。
さらにさらに、カケホーダイやデータプランなど携帯電話の料金システムがよくわかっていなければ、自分で調べる必要があります。

これらのことがめんどうだと思えば、MVNOへMNPしてSIMフリーのiPhoneを使うのが手っ取り早いし簡単です。
SIMフリーのiPhoneを片手にAmazonでSIMカードを注文しましょう。

ちなみに僕はau回線を利用していますが毎月3,000円前後しか支払っていません。

Fp recommend mnp 20151001 03

↓Amazonでみたら評判のいいIIJmioのSIMカードが8割引で売られていました

スポンサードリンク

  • ゆとりをもった自由な暮らし、ストレスフリーな生活を送る
    1984年生まれ
    生まれも育ちも神奈川県川崎市

    詳しいプロフィールはこちら

    • follow us in feedly
    • Google+
    • フィード
    • お問い合わせ

  • Sorry. No data so far.