もし新社会人の頃の自分に戻れるなら、あの頃の自分に身につけさせたい3つの良習慣!

ご注意

この記事は2013年4月5日に書いたものです。 情報が古くなっている可能性があるのでご注意ください。

habit_130405
今年で29になります。@kotala_bです。
定期券を買うのに出来る行列やリクルートスーツの集団を見かけるとなんだか懐かしく感じます。
「もしあの頃の自分に戻れるなら何をしよう?」とふと思い浮かびました。
これからご紹介するのは「新社会人の頃の自分に戻れるなら、なんとしても身につけさせたい3つの習慣」です。

スポンサードリンク

早寝早起き

毎朝、仕事で家を出る時間の3時間前には目を覚ますようにしています。
僕は元々夜型だと自分で思い込んでいたので、朝早く起きるのは苦手でした。
そんな僕が変われたのは「朝起きてやりたいことがある」というモチベーションがあるからです。
仕事から帰って疲れた状態ではなかなかやりたいことも出来ません。
夜はテレビやSNS、お酒など朝に比べると誘惑の数が圧倒的に多いのです。
疲れた状態では誘惑に簡単に負けてしまいます。
だからこそ朝早く起きて自分のやりたいことやる時間にあてました。
「やりたいことを朝一番でやる為に早く寝ること」が早起きのコツです。
「朝4時に起きてTOEICのリスニング問題を解く」というような具体的な目的を持つとより効果的です。
そのおかげか、いきなりは無理でしたが少しずつ早く起きられるようになりました。

読書

20代前半の頃はマンガばかり読んでいました。
その頃の影響もあって今でもONE PIECEだけは読んでいますが、それ以外はビジネス書や資格関連の本ばかり読むようになりました。
そのきっかけになったのが立花岳志さん(@ttachi)のブログのこちらの記事です。
今年から本気出す人へ 「6本の柱」で5年後の自分を計画しよう | No Second Life今年から本気出す人へ 「6本の柱」で5年後の自分を計画しよう | No Second Life
ブログタイトルの「No Second Life」には

人生は一度だけ。
二度目の人生はない。
だからこそ一度だけの人生をしっかり生きたい。

という熱いメッセージが込められています。
「今のままじゃダメだ、自分を変えていきたい」という気持ちがわき上がり、読むようになったのがビジネス書です。

健康管理

ダラダラした生活をしていたので20代になると徐々に体重が増えていきました。
去年の健康診断では高脂血症と言われてしまいます。
それから健康について気にするようになり、去年の4月から今年の2月半ば頃までは毎朝自分の体重と体脂肪を計り記録していました。
そのおかげで去年4月から11月までの約8ヶ月間で8キロ痩せることが出来ました。
習慣を変えたら8キロ痩せた!僕が痩せる為にしたこと | kotala's note習慣を変えたら8キロ痩せた!僕が痩せる為にしたこと | kotala’s note
何事もカラダが資本になります。
健康なカラダがあってこそ、自分のやりたいことが出来るのです。

最後に

誰もが平等に持っていて、最も貴重なのが「時間」です。
時間は何もしなくても刻一刻と過ぎてしまいます。
人生の大切な時間を無駄にしないために、何かいいなと思ったことがあれば思うだけで終わらずに是非取り入れてみてください!

関連記事

これを習慣にしたら人生が変わった!今年身につけた5つの良習慣! | kotala's noteこれを習慣にしたら人生が変わった!今年身につけた5つの良習慣! | kotala’s note

毎朝10分で出来る!問題解決の為の自分時間! | kotala's note毎朝10分で出来る!問題解決の為の自分時間! | kotala’s note

スポンサードリンク

  • ゆとりをもった自由な暮らし、ストレスフリーな生活を送る
    1984年生まれ
    生まれも育ちも神奈川県川崎市

    詳しいプロフィールはこちら

    • follow us in feedly
    • Google+
    • フィード
    • お問い合わせ