, , - 2013/10/25 19:45

iPad AirはWi-Fi版?それともセルラー版?それぞれのメリットデメリットを比べてみた

ご注意

この記事は2013年10月25日に書いたものです。 情報が古くなっている可能性があるのでご注意ください。

ipadairwificellular_131025
iPad Airを購入予定です。こたら(@kotala_b)です。
iPad AirにはWi-Fi版とセルラー版の2種類があります。
どっちが自分に合ったiPad Airなのか、それぞれのメリットデメリットを比べて確かめてみようと思います。
どっちにしようかまだ決めかねてる方も是非参考にしてみてください。

スポンサードリンク

Wi-Fi版iPad Airのメリットデメリット

Wi-Fi版もセルラー版も重さが9グラム違うだけで本体はほぼ一緒。
ではiPad AirのWi-Fi版を買うメリットは重さだけでしょうか?
そんなことはありません。

Wi-Fi版iPad Airのメリット

Wi-Fi版の最大のメリットはセルラー版に比べてトータルコストが安く済むことです。
購入時の本体代金の他には一切費用はかかりません。
16GBが51800円なので、かかる費用は51800円のみ。
auやSoftBankとは契約はしないので通信料はかかりません。
でも、そこがWi-Fi版のデメリットにも繋がってきます

Wi-Fi版iPad Airのデメリット

Wi-Fi版のデメリットは単体でネットに繋げないことです。
どこの会社とも契約してないので当然といえば当然。
単体ではネットに繋がらなくても、PocketWi-Fiのようなモバイルルーターやスマホのデザリングが使えれば外でも使えますし、家の中では固定回線のWi-Fiを使えば問題なく使えます。
現在はコンビニやスタバなどのフリーのWi-Fiスポットも存在するので、それを利用するという手もあります。
失くしたときに探すのが大変なこともデメリットの一つです。
iPhoneやiPadには「iPhoneを探す」というアプリで、失くした場合も探し出すことができるのですが、それが可能なのはネットに繋がっていればの話。
ネットに繋がってない状況で失くしてしまったら見つけ出すのは一苦労。
Wi-Fi版の一番のデメリットがこれかも知れません。

ちなみにWi-Fi版にはGPSが非搭載ですが、セルラー版の精度には劣るものの地図アプリも利用可能です。

セルラー版iPad Airのメリットデメリット

セルラー版ではWi-Fi版とメリットデメリットが逆になってきます。

セルラー版iPad Airのメリット

セルラー版のメリットはWi-Fiを使わずにLTEや3Gといったネット回線で繋げられることです。
iPad Air自体をデザリング機として使うことだってできます。
もし失くした場合でも電源さえ入ってれば、「iPhoneを探す」で探すこともできます。
しかしこのネットに単体で繋がるということがデメリットにもなってきます。

セルラー版iPad Airのデメリット

auやSoftBankと契約しなければならないので、本体代金の他に毎月の通信料がかかってしまうのがデメリットとなります。
本体代金は月月割で相殺されますが、毎月の維持費はかかります。
契約状況によって多少通信料は前後しますが約5000円かかります。
月月割などの関係で契約は2年契約が基本となります。
毎月5000円を2年間払い続けると120000円。
これはiPad Air16GBを2台買ってもおつりがくる料金です。

iPad AirはWi-Fi版とセルラー版のどっちを買う?

利用料金の差がこうも違うと選択肢はひとつのような気もしますがいかがでしたでしょうか。
僕はWi-Fi版のiPad Airを買います!

Amazonのオススメ!

スポンサードリンク

  • ゆとりをもった自由な暮らし、ストレスフリーな生活を送る
    1984年生まれ
    生まれも育ちも神奈川県川崎市

    詳しいプロフィールはこちら

    • follow us in feedly
    • Google+
    • フィード
    • お問い合わせ