, - 2014/9/11 07:00

iPhone6Plusは単体で使っても本来の良さは引き出されない

ご注意

この記事は2014年9月11日に書いたものです。 情報が古くなっている可能性があるのでご注意ください。

iPhone6plus-applewatch_20140910
via:Apple
とうとうiPhone6が発表されましたね!
iPhone6とiPhone6Plusが9月19日に発売予定となりました。

同時に発表されたAppleWatchは来年の発売だそうですね。

僕の中でiPhone6Plusはパッと見でただ大きくなっただけのiPhoneだけど、実は違うんじゃないかなーって思いました。

スポンサードリンク

iPhoneが大きくなったことはどうでもいい

サイズが大きくなったことが取沙汰されてますけど、大きくなったことが良いとか悪いじゃないと思うんですよ。
それが嫌なら買わなきゃいいだけだし。

良い悪いじゃなくて大きくなったらどう使うかってことの方が気になったりします。

iPhone6plusは横向きに持ってみる?

個人的にすごく気になってるのが横向きのiPhone6Plus。

「iPhone 6plus landscape」でGoogleの画像検索してみたんですけど
iPhone6plus-applewatch_20140910_01

なんか良さそうじゃないですか?

横向きにもって左右にボタンつけたらPSvitaみたいになっちゃいそうだけど。
横に向けたらホーム画面もドックも横向きになるみたいだしAppleが「こうやって使ってもいいよ」って用意してくれた感じがします。

あの5.5インチのiPhone6Plusを片手で持ったら左上のボタン押せそうにないし、アプリさえ対応してればできるだけ横向きで使ってみたい。

iPhone6Plusの真価が問われるのはAppleWatchが出てから

iPhoneがデカくなったらポケットに入んない!とか目にしますけど、あの大きさはカバンに入れて持ち歩く感じですよね。

「カバンに入れてると電話とかLINE、メールの着信に気づかない!」

そんな時のためにAppleWatchなんじゃないかなーなんて。
iPhone6plus-applewatch_20140910_02
AppleWatchがあれば電話も出れるしメールチェックもできる。
AppleWatchが出る頃にはFacebookとかLINEも対応アプリをだしてそうだし、移動中はわざわざiPhoneをポケットにしまっておく必要がなくなる。

「AppleWatchじゃ画面が小さくてキツイ!」って時にカバンからiPhoneをサッと取り出す。
そういうイメージだとiPhone5Sのディスプレイサイズは小さいのかも知れません。

iPhone6Plusは単体だとでかくなったiPhoneだけど、そこにAppleWatchが加わるとまた別のモノになりそうです。

おすすめ記事

スポンサードリンク

  • ゆとりをもった自由な暮らし、ストレスフリーな生活を送る
    1984年生まれ
    生まれも育ちも神奈川県川崎市

    詳しいプロフィールはこちら

    • follow us in feedly
    • Google+
    • フィード
    • お問い合わせ