自分の人生の柱について考えてみよう

ご注意

この記事は2012年7月31日に書いたものです。 情報が古くなっている可能性があるのでご注意ください。


Thinking… / I .. C .. U
自分について改めて考えることが最近多いです。@kotala_bです。
自分にとっての人生の柱とは何でしょう?
@ttachiさんの記事を見るまでは考えたこともありませんでした。
http://www.ttcbn.net/no_second_life/archives/19748今年から本気出す人へ 「6本の柱」で5年後の自分を計画しよう | No Second Life
@ttachiさんのブログ・生き方に惹かれ、真似することから始めました。
@ttachiさんの6本の柱と言うのは仕事・家庭・教養・財産・健康・趣味となっています。
まずはTTP(徹底的にパクって)して自分の柱を書きました。

スポンサードリンク

自分なりの7つの柱

意識して考えるようになると人それぞれ柱の違い、優先度の違いがあるということがわかってきました。
そこで今度は自分なりの柱を考えることにしました。
健康・仕事・経済力・教養趣味・人脈・社会・家庭。
この7つを柱としてなりたい理想の自分を思い浮かべ、その目標を明確にして書き出しました。

健康

昨日の記事にも書きましたが、まずは健康です。
健康第一!
「元気があれば何でもできる」じゃありませんが、まず健康でいることが一番大切だと考えます。

仕事

仕事についてはこういう役職になりたい。
こういう仕事をしたいというようなことです。

経済力

経済力は年収いくらだとか、資産いくらというようなことです。

教養・趣味

教養と趣味は読書であったり語学力であったりとどちらにも当てはまることが多かったので1つにまとめました。

人脈

人脈というのは人との繋がりという意味で、会社や友人など様々な人間関係を大切にしようということです。

社会

社会というのは仕事であったりボランティアであったり何かしらで、社会の役に立てることを意識しようということで足しました。

家庭

独身で家庭を持っていないので今のところは優先度は低いですが、家庭を持って大切にする意識を持とうということで書きました。

目標を片時も忘れない為に

目標は目標であって、夢ではありません。
これらの目標を実現するために、Evernoteに入れSmartEverタグをつけいつでも見られるようにしています。
目標を実行するための計画も立てています。
計画にはプロジェクト管理・タスク管理を使うことによってより実現可能なものに細分しています。

スポンサードリンク

  • ゆとりをもった自由な暮らし、ストレスフリーな生活を送る
    1984年生まれ
    生まれも育ちも神奈川県川崎市

    詳しいプロフィールはこちら

    • follow us in feedly
    • Google+
    • フィード
    • お問い合わせ