水をこぼしたMacBook Airのその後!水をこぼしてわかった自分の成長!

ご注意

この記事は2013年4月15日に書いたものです。 情報が古くなっている可能性があるのでご注意ください。

suibotsu_130415
おとといの夜MacBook Airに水をこぼしました。@kotala_bです。
その時とった対処法は、真っ先に電源を切り場所を移し完全に乾燥させることでした。
MacBook Airに水をこぼした!そんな時は落ち着いて電源を切るべし! | kotala's noteMacBook Airに水をこぼした!そんな時は落ち着いて電源を切るべし! | kotala’s note
それから丸1日以上経った今朝、恐る恐るMacBook Airに電源を入れてみました。

スポンサードリンク

水没からの開封!

▼この状態で1日半近く放置していました。
suibotsu_130415_01
上の方に見える同封された乾燥剤がその悲惨さを物語ります。
▼久しぶりのご対面
suibotsu_130415_02
何事もなく無事であってほしい!
▼そんな願いを込めて開き
suibotsu_130415
▼このたった数秒の起動前の読み込みにドキドキです。
suibotsu_130415_03
▼すると何事もなかったように、今まで通り元気よく「ジャーン」と鳴りいつもの画面がでてきました!
suibotsu_130415_04
起動から1時間ぐらい経ちましたが、何事もなかったかのように何も問題なく動いています!

MacBook Airに水をこぼして感じたこと

水をこぼした時、最初に思ったのが「壊れて起動しなくなったらまた買わなきゃ!」ということでした。
今使ってるのは13インチだから11インチに変えようかなとか、MacBook Airの次のモデルはいつ出るんだろうとか、かなり前向きに思っていました。
昔使っていたデスクトップのPCが起動しなくなった時に思ったのは「中にあるデータが戻らなくなったらどうしよう!」だったので、その頃とはだいぶ変わったなと感じました。

昔と今で変わったこと

動くかどうかという不安はありましたが、動かなかった後のことには何も不安はありませんでした。
以前だったらデスクトップPCに全てのデータがあり、全てを1台でやっていたので動かなくなったら大問題でした。
今はMacBook Air内にあるデータは全て外付けHDDにも保存してあり、大切な写真は外付けHDD以外にPicasaにも保存してあります。
データに関しては2重3重のバックアップ体制があるので何も不安にはなりませんでした。
また、MacBook Airが使えないことですぐに発生する問題も特にはありません。
ブログを書くことを筆頭にMacBook AirがなくてもiPhoneやiPadminiで代替可能だったからです。

最後に

そういうことを無意識的にわかっていたから水をこぼした時も冷静に電源をすぐ切り、iPhoneで対処法を調べ更にはブログのネタに出来たんだと思います。
もしMacBook Airにしかデータがなく全てをMacBook Airでしか出来ない状態だったら、慌ててまともな対処が出来ていなかったはずです。

関連記事

MacBook Airに水をこぼした!そんな時は落ち着いて電源を切るべし! | kotala's noteMacBook Airに水をこぼした!そんな時は落ち着いて電源を切るべし! | kotala’s note

外付けHDD買うならUSB3.0!MacBook Airに繋げて使う外付けHDD「HD-LB2.0TU3J」を購入! | kotala's note外付けHDD買うならUSB3.0!MacBook Airに繋げて使う外付けHDD「HD-LB2.0TU3J」を購入! | kotala’s note

スポンサードリンク

  • ゆとりをもった自由な暮らし、ストレスフリーな生活を送る
    1984年生まれ
    生まれも育ちも神奈川県川崎市

    詳しいプロフィールはこちら

    • follow us in feedly
    • Google+
    • フィード
    • お問い合わせ