知らないと損するお金のこと「クレジットカードのリボ払い」

ご注意

この記事は2013年7月23日に書いたものです。 情報が古くなっている可能性があるのでご注意ください。

revo_130723
新米ファイナンシャルプランナー。こたら(@kotala_b)です。
知らないと損するお金のこと第2回目は「クレジットカードのリボ払い」について書いてみたいと思います。
リボ払いというとどんなイメージがありますか?
「返済が毎月一定額だから安心、便利」なんて思っていたら間違った認識を持っているかもしれません。
リボ払いって何?という方にも読んで頂きたいと思います。

スポンサードリンク

リボ払いとは

クレジットカードの返済方法には一括払いや分割払い、ボーナス払いなどが用意されています。
返済方法のひとつがリボ払いなのです。
リボ払いの特徴は毎月の返済額が一定額ということ。
返済は毎月同じ金額だからいくら使っても大丈夫なんてことはありません。
使ったら使った分だけ返済しなきゃいけないことはどの返済方法でも同じです。

リボ払いの落とし穴

返済額は毎月一定でも使えば使うほど借金が膨らむのがリボ払いです。
毎月支払額が一定だからこそ、支払額以上の利用では借金が膨らむ一方。
更に支払い回数も増えてしまうので余計に金利手数料がかかって返済額も増えてしまいます。

金利手数料のかからない一括払いがオススメ

分割払いやリボ払いは金利手数料が加算され、使った金額よりも多くを返済することになります。
一括払いでは金利手数料はゼロ円。
クレジットカードの返済には一括払いがオススメです。
ほとんどのカードで2回払いも金利がかかりませんが、中には2回払いでも金利手数料がかかるカードもあるのでご注意ください。

最後に

クレジットカードは便利な反面、使い方を間違えると借金が増える諸刃の剣です。
クレジットカードを使うということは借金をしているということを忘れないでください。
ご利用は計画的に。

関連記事

知らないと損するお金のこと「高額療養費」 | kotala's note知らないと損するお金のこと「高額療養費」 | kotala’s note

スポンサードリンク

  • ゆとりをもった自由な暮らし、ストレスフリーな生活を送る
    1984年生まれ
    生まれも育ちも神奈川県川崎市

    詳しいプロフィールはこちら

    • follow us in feedly
    • Google+
    • フィード
    • お問い合わせ