- 2012/5/11 02:17

パスワードの管理

ご注意

この記事は2012年5月11日に書いたものです。 情報が古くなっている可能性があるのでご注意ください。

不安定な天気の中行きも帰りも傘を差さずに通勤出来てラッキーな@kotala_bです。
昨日の「パスワード流出」というニュースについて
少し驚きましたが「Twitterからはどなたの情報も流出していないことが確認されました。」とのことなので一安心といったところでしょうか。
注意としてこのようなことも書いてありました。

1) ログインされるサイトが信頼できるサイトかどうかをご確認下さい。残念なことに、インターネット上にはまだいくつものフィッシングサイトが存在します。URLの確認をしましょう。
2) パスワードは安全性の高いものにしましょう。生年月日や英単語そのものではなく、自分だけがわかるパスワードにすることはとても大切です。また、ひとつのパスワードをいくつものサービスに利用することは避けましょう。パスワードについてはこちらの記事もご参照下さい。

スポンサードリンク

1についてはウィキペディアに対策が書いてありました。
これについては本物か偽サイトかどうかの確認を個人個人が気をつけていくことが大切です。

パスワードの管理

2についても1同様に個人個人が気をつけていくことが一番大切です。
以前は複数のパスワードを使い分けることが面倒で同じパスワードを使いまわしていました。
ですが大変なリスクを負ってまで一つのパスワードを使い続けるのもよろしくないので、ひとつひとつのものに別のパスワードをつけることにしました。
最初にやったのはメモ帳やExcelに書きだすということでした。
これではそのファイル自体をダブルクリックしただけですべての情報が漏れてしまいますので、この方法もいつか変えなければと思っていました。
そんなある日に目にしたのがこの記事です。
『Dropbox』を無敵のパスワード同期ツールとして活用する方法
この記事を参考にKeePassとDropboxを使ってすべてのパスワードを管理するようになりました。
KeePassとDropboxのどちらもPC版・Android版と用意されているので大変便利で今では手放せないものとなっています。
ただこの方法も最善というわけではなく、KeePassかDropBoxの一方でもサービスが停止すると使えなくなってしまうという点です。
それにはKeePassのファイルをローカル保存という方法で対策しています。

スポンサードリンク

  • ゆとりをもった自由な暮らし、ストレスフリーな生活を送る
    1984年生まれ
    生まれも育ちも神奈川県川崎市

    詳しいプロフィールはこちら

    • follow us in feedly
    • Google+
    • フィード
    • お問い合わせ