, - 2012/6/22 12:35

Taskchuteはこんなことも出来る!理想の起床時間から今日の空いてる時間を逆算する方法!!

ご注意

この記事は2012年6月22日に書いたものです。 情報が古くなっている可能性があるのでご注意ください。

Taskchuteが徐々に自分に合った形に変わってきてます。@kotala_bです。
昨日の記事では起きる時間を自動で計算する方法を書きました。
今日はそこからさらに発展させて、今日のタスク終了時間と睡眠時間そして理想の起床時間から逆算して今日の空き時間を表示させる方法をご紹介します。

スポンサードリンク

おさらい

昨日の記事では睡眠時間と起き時間をTaskchuteにいれました。
今日の空き時間を計算する方法は昨日の設定も必要になりますので、詳しいやり方は昨日の記事をご覧ください。
http://kotalab.com/archives/863思い立ったらすぐ行動!Taskchuteに起き時計を入れてみた! | kotala’s note

やり方

では今日の空き時間を自動で計算し表示させる方法ご紹介です。

入力するセルを作成

まずは前回と同様に睡眠時間から下4セル分を右方向へコピーします。
そして睡眠時間・起床時間が入っている箇所を空き時間・理想起床時間に変えます。

理想の起床時間の数式


セルに入れる数式ですが、理想起床時間の方から入れていきます。
キャプチャ画像でいうと「O5」セルになります。
ここには「=sum(基準日の日付が書いてあるセル)+1+理想の起床時間/24」という数式を入れます。
キャプチャ画像では基準日の日付が書いてあるセルは「B5」理想の起床時間は6時なので、「=SUM(B5)+1+6/24」という形です。

空き時間の数式

空き時間の方に入れる数式は「=SUM(理想起床時間-起床時間)」という形になります。
キャプチャ画像でいうと「=SUM(O5-N5)」という形です。

注意点

注意点がひとつだけあります。
今日は6月22日なのに基準日が6月21日になってるといった、基準日が過去の日付だと空き時間が正しく表示されません。
その点だけは注意してください。

最後に

いかがでしでしょうか。
Taskchuteで理想の起床時間を設定し、そこから今日の空いている時間を算出する方法のご紹介でした。
TaskchuteはExcelベースということでカスタマイズしやすい半面、いじりすぎると元に戻らなくなってしまう場合もあります。
カスタマイズする際は必ずバックアップを取り、自己責任で行いましょう。

スポンサードリンク

  • ゆとりをもった自由な暮らし、ストレスフリーな生活を送る
    1984年生まれ
    生まれも育ちも神奈川県川崎市

    詳しいプロフィールはこちら

    • follow us in feedly
    • Google+
    • フィード
    • お問い合わせ