- 2012/7/21 12:15

行ってよかったと思える海外旅行にする為に、やっておきたい3つの事前準備!

ご注意

この記事は2012年7月21日に書いたものです。 情報が古くなっている可能性があるのでご注意ください。

海外旅行に興味があります。@kotala_bです。
今までに行ったのは20年以上前に家族で行ったハワイだけです。
つい先日、高城剛さん著書の「サバイバル時代の海外旅行術」を読みました。
高城剛さんといえばエリカ様との離婚問題でも話題になった方です。
ブックオフの100円コーナーで本を探している時に目に入った本がこの「サバイバル時代の海外旅行術」でした。
この本に書かれていて僕が海外旅行をする前に是非やりたい事前準備を3つのリストにしました。

スポンサードリンク

旅行を楽しむための3つの事前準備

1.自分だけのマイガイドブックを作る

日本で市販されているガイドブックの多くは出版元が旅行代理店の子会社であったり、広告主が旅行代理店であることが多くあります。
そうなれば、ガイドブックの中で紹介されている物は必ずしも読書に有益な情報というわけではなくなります。
また、インターネットを使えば現地に旅行に行った人のブログに書かれた生の感想や格安チケット、宿泊情報なども手に入ります。
インターネットで集める情報として大切なものは、現地の信頼できる情報です。
世界の国々の正確な最新の情報は、アメリカ中央情報局(CIA)のTheWorldFactbookというところで調べることが出来ます。
またwikitravel英語版も情報が豊富です。
参考:TheWorldFactbook
参考:wikitravel英語版

自分だけの10のやりたいことを書き出す

もし2人や3人で行くのであれば、それぞれがリストを作り、お互いの10のやりたいことを調整したやりたいことリストを作ります。
そしてこのリストはマイガイドブックにも入れて持っていきます。
旅行で訪れる場所は2度と訪れることのない場所かもしれません。
行ってよかったと思える為にリストを作り、その内容を徹底的に調べます。

地図は買うよりもらえ、もらうよりつくれ

日本のガイドブックに載っている地図は主に日本語表記です。
現地に行って道をたずねたい時、日本語表記の地図を見せても現地の人はわかりません。
なので現地に着いたら空港のインフォメーションカウンターで地図を貰います。
また、行った日の夜には1日で通った道、入った店などを手書きの地図に書いていきます。
記憶をアウトプットすることで忘れにくい物になりこの手書きの地図自体が旅の思い出になります。
旅行に行く前には、自分の地図を作ります。
地図を作ると言っても難しいわけではなく、googleマップにマイガイドブックで作った気になる場所や宿泊施設などを書き込んでいくだけです。
インターネット上で見られるようにしておいて、それとは別にプリントアウトしてマイガイドブックに挟んで持っていきます。

まとめ

旅行は時間が限られているのでめいっぱい楽しむには事前準備がとても大切だと感じます。
行ってよかったと思える海外旅行にする為に、行く前に準備しておきたい3つのリストでした。

スポンサードリンク

  • ゆとりをもった自由な暮らし、ストレスフリーな生活を送る
    1984年生まれ
    生まれも育ちも神奈川県川崎市

    詳しいプロフィールはこちら

    • follow us in feedly
    • Google+
    • フィード
    • お問い合わせ