EvernoteにWebページの情報を送れるiPhoneアプリ「WebNote」をリリースしました!

ご注意

この記事は2014年10月6日に書いたものです。 情報が古くなっている可能性があるのでご注意ください。

app-release_140824
WebページのタイトルとURLにメモを追記して送れるiPhoneアプリ「WebNote」をリリースしました!

僕の初めてのiPhoneアプリとなる「WebNote」をリリースしたのでお知らせします!

スポンサードリンク

WebNoteの特徴

1.見ているWebページのURLとタイトルをサクッとEvernoteに送れる

webnote-release-1-0-0_01
僕は気になったWebページをよくEvernoteに送るんですが、iPhoneだけでEvernoteに送るのって意外とめんどくさいんです。
URLをコピーして貼付けて、URLだけじゃわからなくなるのでタイトルを入れたりメモを書いたり。

どんなページを送るにしても、URLは必須だしページのタイトルをそのままノートのタイトルにするので、「そういうアプリを自分で作っちゃえ!」ということで開発することにしました。

WebクリップじゃなくてタイトルとURLにメモを書いてEvernoteに送る。
そんなアプリです。
webnote-release-1-0-0_03
「見てるページから1タップでページのタイトルとURLを自動で書き出して、あとはメモを追記するだけ」そんなアプリです。
webnote-release-1-0-0_05

2.他のアプリで見てたページもサクッと送れる

FacebookとかTwitterのタイムラインに流れてくるページをEvernoteに保存したいって時もあります。
そんな時も「WebNote」を開くだけでメモを書き足して送れます!
webnote-release-1-0-0_04
他のアプリで見ていたページのURLをコピーして、「WebNote」を開きます。

すると、メッセージが出てくるので「メモを書く」を選ぶとメモを書く画面になります。

3.タグをつけてサクッと送れる

webnote-release-1-0-0_02
WebNoteを使い始めてから、僕はタグだけをつけてサクッとノートを送信するようになりました。

ページのタイトルとURLが自動でノートに入ってるのであとは「レシピ」とか「行きたい場所」とかのタグだけをつけるだけ。
たったそれだけで自分だけの資料が簡単に作れちゃいます!

リリースセール!

10月いっぱいはセールで100円となっています。ぜひお試しください!

今後はiOS8への対応と新機能の追加を予定しています。
タグが多いとタグ一覧から選ぶのがめんどくさいので、検索機能とかお気に入りタグ、最近使ったタグみたいにできたらいいなーなんて。

8月末に審査に出して9月後半には審査に通っていたんですが、不具合の修正があって今日ようやくリリースすることができました!

AppStoreで見る

関連記事


スポンサードリンク

  • ゆとりをもった自由な暮らし、ストレスフリーな生活を送る
    1984年生まれ
    生まれも育ちも神奈川県川崎市

    詳しいプロフィールはこちら

    • follow us in feedly
    • Google+
    • フィード
    • お問い合わせ