air-force-1-clean_20150620
2年くらい前に買ったナイキのエアフォースワン。
参考:NIKEiDで作ったエアフォースワンが2週間ちょっとで届いたぞ
NIKEiDという、自分でカスタマイズしてナイキのスニーカーを作れるサービスを利用して、エアフォースワンというスニーカーをカスタマイズして注文しました。

2年もたてば白かったスニーカーは汚れだらけ。
元通りとはいかなくてもキレイにしたかったので洗うことにしました。

洗う前の汚れを確認

air-force-1-clean_20150620_01
つま先がまっくろ。
air-force-1-clean_20150620_02
よこも結構汚れています。
air-force-1-clean_20150620_03
ベロもまっくろ。
air-force-1-clean_20150620_04
こんな状態のエアフォースワンを洗ってみました。

エアフォースワンの洗い方

air-force-1-clean_20150620_05
スニーカーに使われている生地・素材によって洗い方は変わります。

僕の履いているエアフォースワンは合成皮革(本革じゃないはず)なので、お湯と中性洗剤でごしごししました。

スエードや本革はさすがにこの方法は使えませんが、キャンバス生地や合成皮革のように一般的にスニーカーで使われている生地なら水洗いできます。
air-force-1-clean_20150620_06
まずは汚れを落としやすくするために、40度くらいのお湯に浸します。
このとき研磨効果が期待できる重曹をお湯にといておきます。
air-force-1-clean_20150620_07
そして20分放置。
air-force-1-clean_20150620_08
そのあとは中性洗剤を入れブラシでごしごしこすります。
古くなった歯ブラシがちょうどいいかもしれません。

注意点がいくつかあります。

スニーカーを洗うときの注意点

1つめはこする力が強すぎたり、ブラシが硬いものだと生地を傷つけてしまうことです。
むやみにこすらず目で見ながらほどほどにこりましょう。

2つめは洗剤の種類です。
漂白剤が混ざっているものだと、スニーカーが色落ちしてしまうことがあります。
中性洗剤がおすすめです。

3つめは洗い終わったらよくすすぐことです。
洗剤がまだ残っていると、乾かしたあとに洗剤が残っていた部分だけ色が変わっていたりします。

4つめは風通しのいい日陰で干すこと。
これは生地が縮むのを避けるためです。
梅雨時だったので乾くまで3日以上かかりました。

洗い終わったあとのエアフォースワン

air-force-1-clean_20150620_10
つま先のくろかった部分は目立たなくなりました。
air-force-1-clean_20150620_09
よこは写真を横に並べないとわからない程度ですが、それでもキレイになりました。
air-force-1-clean_20150620_11
ベロもそこそこキレイに。
air-force-1-clean_20150620_12
両足並べるとこんな感じです。

さいごに

air-force-1-clean_20150620_13
高校生くらいの頃はスニーカーが好きでいろいろ履きましたが、今はエアフォースワンに落ち着きました。
[dailynew]
・おやじのネギラーメン

昨日の新しい体験とは?