Evernote Taiwan User Meetup / othree
EvernoteのiPhoneアプリの数に驚いてます。@kotala_bです。
SmartEver、MergeEverやBookEverなど数えるとキリがないほど多くのアプリがあります。
そんな中からiPhone4Sを買ってから約2週間の間に、公式アプリを含め7つのアプリを入れました。

その中から今日ご紹介するのは「SmartEver」というアプリです。

SmartEverの特徴

このアプリの特徴はなんといっても早さです。
ノート数の増加により、同期には時間がかかってしまうものです。
このアプリでは「SmartEver」というタグがついているものを同期するので、ノート全てを同期するよりも圧倒的に早く同期出来ます。
同期が早いので外出中に「ちょっと見ておきたいノート」を表示させるのにストレスがかかりません。
またタグによる同期なので、色々なノートブックに入っている「ちょっと見ておきたいノート」をいちいち持ち出し用のノートに入れずに済むというのもこのアプリのいいところです。

SmartEverの使い道

このアプリで作ったノートには自動でSmartEverタグがつきます。
なのでちょっとしたアイデアをSmartEverで書いて、あとでそのことについて何か思いついたらまた書きたす。
といったことが出来ます。
▼実際にSmartEverで作った「smartever」というノート

SmartEverの使い道について考えたときのノートです。
使い始めた時はあれもこれもとタグを付けすぎて、逆に多すぎて見づらくなってしまいました。
削ったというのは読んで字のごとくタグを付けているノート数を削りました。
一番下のURLはSmartEverの運用方法を調べている時にメモしたものです。
リンクさきはこちら。
http://rashita.net/blog/?p=8543R-style » マイクロEvernoteクライアント「SmartEver」の運用法
運用方法として、アイデアノートとTODOリストという使い方を紹介しています。

まとめ

「ちょっとした見ておきたいノート」をストレスなく表示させるSmartEver」のご紹介でした。
アイデアノートとしての使い道以外にも、TODOリストや買い物リストにも使ってみます!