rss_121210
Segnalibri live / pandemia
Googleリーダー終了後はどうするかまだ決めていません。@kotala_bです。
Googleリーダーの終了までの3ヶ月と少し。
刻一刻とその時が迫っています。
終了までにGoogleリーダーに登録してあるRSSを保存しておきましょう!

Googleリーダーの保存方法

RSS情報の保存は数ステップで3分もかからず完了します。
とっても簡単なのでまだデータを保存していない方はこの記事を見ながらでもやってみてください!
▼まずはGoogleリーダーのホーム画面から右上の歯車を選択します。
googlereader_130320_01
▼歯車を開くと設定画面が開くので「インポート/エクスポート」のタブを開きます。
googlereader_130320_02
▼下の方にある情報をエクスポートというところの「Download your data through Takeout」を開きます。
googlereader_130320_03
▼するとデータエクスポートという画面になるので、「アーカイブを作成」します。
googlereader_130320_04
▼数秒でダウンロード可能なデータが作成され、このデータを保存すれば完了となります!
googlereader_130320_05
保存したファイルの中にある「subscriptions.xml」というファイルがRSSのデータです。
このデータを移行先の各種RSSリーダーにインポートすれば今までgoogleリーダーで読んでいたRSSファイルが読めるようになります。

最後に

後でやろうと思ってもついつい忘れてしまいます。
今後のことをまだ決めていなくても、Googleリーダーのデータだけは早いうちにダウンロードして保存しておきましょう!
Googleリーダーの移行先の候補のひとつにあがるFeedlyでは、GoogleアカウントでログインすればそのままRSSデータが引き継がれるようです。
RSSデータが引き継がれる場合でも、万が一に備えてGoogleリーダーから直接RSSデータを保存しておくことをオススメします!

関連記事

Reederユーザーへ送るGoogleリーダーからの移行先。まずはFeedlyへ移行すべし! | kotala's noteReederユーザーへ送るGoogleリーダーからの移行先。まずはFeedlyへ移行すべし! | kotala's note