change-habit_140204_01
何かやりたいことがあるとき、それを実行するなら朝一番でやるべきです。
毎日続けたい習慣なら尚更です。

ブログを更新することの優先度をあげて、とにかく書こうと決めました。
そう決めてから平日の朝、仕事に行く前にブログを書くようにしたところ、思いがけない効果がありました。

やりたいことを1日の最初にやる効果

仕事よりも先に自分のやりたいことをやる。
今日一番やりたいと思ったことをやった後に職場に行く。

やることの順番を入れ替えただけなのですが、内面の変化が起こりました。
「今日もブログを書いた!」という満足感が大きくなったのです。

朝、職場に着く前から満足感が高い状態なので、仕事もいつもよりはかどるし、いい状態で1日を過ごせるようになりました。

それまでは「やりたいことをやれていない」というモヤモヤした状態で1日を過ごしてたのかもしれません。

いつやるか?朝でしょ!

「仕事が終わってからやる」でも「夜やる」でもやりたいことをやったという事実に変わりありません。

例えばやりたいと思っていた「ブログを書く」ことをその日の夜にやる。
すると「今日もブログを書けた!」という満足感は、寝て起きたらほとんどなくなっています。
この場合、満足感があるのはたった数時間かも知れません。

もし朝一番でやったら、その日1日はずっと「今日もブログを書けた!」という満足感があることになります。

満足感の高い毎日を送れたら

これが毎日続くとしたら。毎日が満足感の高い日だったら。

そう考えると、やりたいことは朝一番にやるべきです。