iPhone6s/6sPlusから3D Touchという機能が追加されました。

どんな機能か簡単に説明するとiPhoneのディスプレイを押す強さを検知して、強さに合わせた動作をしてくれる機能です。

今のところはアプリによって対応はまちまちで、まだ対応していないアプリの方が多いです。
そんな3D Touchですが、文字入力をするアプリならほとんどのアプリで3D Touchを使うことができます。

文字入力にかかせなくなりそうなキーボードの3D Touch

keyboard_3d_touch_20150930_02.jpg

文字入力中にキーボードを強めに押すとカーソル移動が自由に動き回れるように切り替わります。

キーボード上に表示されている文字が消えているのが、カーソル移動モードになっているあかしです。

ディスプレイから指を離してしまうとカーソル移動が終わるのですが、指をディスプレイから離さずに移動させるとカーソルが自由に動き回れるようになります。

慣れないうちはコツが必要ですが、慣れてくると少しずつ便利に感じるようになってきました。

カーソル移動中にもう1度強く押して範囲選択

keyboard_3d_touch_20150930_01.jpg

カーソルが自由に動き回れる状態でもう1度強く押してみてください。

そうすると今度は範囲選択ができるように切り替わります。

範囲選択した状態でもう1度強く押すと今度は範囲選択が解除されます。

さいごに

今まではキーボード文字入力エリアから指を大きく移動させないとカーソル移動ができませんでした。
それが3D Touchのおかげで文字入力している位置からそんなに指を動かさずにカーソルキーが移動できるようになりました。

範囲選択が少し便利になってもコピー・ペーストは今まで通りの操作なのでまだ少し使いにくさを感じます。

この不便さはアプリ側の作りで解消されていったらいいなと思います。