携帯キャリア3社が通話かけ放題の料金プランを発表して、これまでの「パケット定額+通話料はかけた分だけ」というプランでの契約が難しくなっています。

かけない人よりかける人が得する

あまり電話をかけない人にとっては利用料金が上がってしまうことになりますが、今まで毎月2000円以上の通話料がかかっていた人や通話料を気にしてLINEなどの無料通話アプリを使っていた人にとっては嬉しい料金プランでしょう。

あまり電話をかけない我が家では料金プランの変更を迷うような状況ですが、毎月かなりの通話料がかかっていた僕の実家では開始日からdocomoのかけ放題に変更した6月は今までより1万円も料金が下がっていました。

ここ3ヶ月で一番安い時の更に3分の1の利用料金!
一番高い時と比べると2万円も下がりました。

通話かけ放題のメリット

携帯キャリア3社が揃って打ち出した、通話もパケット通信も定額という新料金プランには見通しが立てやすいというメリットがあります。

定額なのでいくら通話しても請求書の金額は変わりませんから、心理的な負担もこれまでより少なくて済みます。

将来の見通しが立てやすくなった新料金プラン

ファイナンシャルプランナーからすると見通しがたたなかった携帯料金が定額になることは、見通しが立てやすくなって将来設計もしやすくなったと言い換えることができます。

利用料金が今までより上がってしまう僕みたいな人にとっては嬉しいことはあまりないんですが、利用料金が下がる人にとっては利用料金が下がること以外にも嬉しいことがあるのが新料金プランです。

かけないと損ならかければいい?!

これまでは通話料が気になってなかなか電話では連絡できなかった相手だったり、メールで済ませていた相手にも気にせず通話ができるようになるのはいいことなのかも知れません。

利用者が通話しすぎで料金プランがまた変わったら面白いですね。

関連記事

[article include="13214"]
[article include="13289"]
[article include="13302"]
[article include="13307"]

iPhone 5sからするぷろ for iOSを使って更新しました!